ネットバンクメイン画像

渋沢栄一氏も今の銀行を見たら嘆くことでしょう

現在の銀行員のイメージを一言で最初に言ってしまうなら、傲慢の一言です。

銀行の創始者である渋沢栄一氏の理念は立派でした。
私財の蓄積をよしとせず、無数の会社の立ち上げなどに関わり、最後まで日本社会の発展の事を考えていました。

ですが現在の銀行は完全に、自分達の保身の事しか考えて居ません。

かつてのバブル崩壊後、銀行は莫大な税金を注ぎ込んで貰って、破綻を免れました。

また日本の銀行の金利は恐ろしく低いですが、
これにより日本国民が本来得られるはずの莫大な配当金(100兆円単位)を、
全ての自分達で丸呑みしています。

このように国民の莫大な税金を注いで貰い、
国民が得るべき配当金を奪い取れば、
どんな無能な頭取がトップに居ても立ち直れるでしょう。

しかし銀行は感謝するどころか恩を仇で返してきます。

いわゆる貸し剥がし問題です。
寄生虫が、宿主を食い尽くすような話ですが、
この貸し剥がしによって多くの中小企業の経営者が破綻に追い込まれました。

あまりの貸し剥がしの酷さに、
政府は、公的資金を投入してそれを予防する羽目に陥ったほどです。

また、バブル崩壊後にまともに成長した企業は、
ほとんどが無借金で、銀行の力をあてにしていません。

そして銀行は何に投資するかと言えば国債ばかりで、
最近は個人向け無担保融資、いわゆる昔のサラ金の物まねに精を出しています。

このようにもはや今の銀行は、まともな経営者にとっては害でしか無く、
ベンチャーを立ち上げたい人にとっては、存在する意味の無い存在になっています。

カネを持っている側が強いのは古今東西の鉄則です。
その鉄則通り、銀行の傲慢さはこれからも変わることは無いと思います。

人生最大のピンチは貯金を切り崩して乗りきった

生活する上でお金の有り無しは重要な問題です。
一人暮らしなら出来る限り節約をして暮らすことも出来ますが家族がいるとそうもいきません。
結婚して夫だけの収入で生活していたとき、突然、夫が会社を辞めてきたことがありました。
次に働く場所はあるという話でしたが、実際はうまい話に踊らされただけのようで、
結果的に数カ月の無職期間に突入してしまいました。

会社から言われた退職ならばハローワークに申し出て失業給付金が頂けますが、
今回のケースは自分から辞めたわけですから失業給付金が頂けるのも数カ月後になります。
最後のお給料をもらってからスグに生活費が足りないという最悪の事態になったのです。

お金が無いというのは本当に心細いものです。
わずかな貯金だけが残っていたので、貯金を切り崩しながら私もパートに出ました。
夫も新しい仕事を一から探し始めましたが40代の半ばという年齢で厳しい就職活動になりました。
私のパート代は8万円ほどで、ひと月の食費や日用品などに消えて行きました。

やはり夫のお給料がないと家のローンや光熱費、保険、国民年金などは支払えません。
国民年金や健康保険はスグに手続きをして、国民年金は支払い免除、健康保険は任意継続にしました。
3人の子供関係のお金もどんどん掛る時期なので貯金はハイスピードで減って行きました。

結局、新しい仕事が決まったのは5カ月後のことで、その間に100万円の貯金が無くなっていました。
この経験は人生の中でも最大のピンチと言えますが、同時に人生の良い勉強になったと思います。
けっこう辛い体験でしたが当時は生きることに夢中であっという間に時が過ぎ去ったような気がします。

新着情報

急激な暴落などが起きることもある
発展途上の国の通貨などの場合には、安定して成長している場合にはそこの通貨価値が日...
偶然のリスクによって起きた損害を補償する保険
損害保険とは、偶然のリスクによって起きた損害を補償する保険です。そのため、医療保...
クレジットカード上手に使い分けてお得に利用
"クレジットカードは、電気・ガス・携帯電話・ケーブルテレビ会社など、毎月必ず支払...
有名人の陰に隠れた、本当の事を言って欲しい
"私は、古風で堅実な両親に育てられたせいかもしれませんが、多少なりとも、 消費者...
彼と別れるために親に借金してしまいました
"独身の頃の話なのですが、当時2年間付き合っていた彼氏がいました。 もちろん親に...